GTフッシングのタックルについて

GTルアー

GTフィッシンで一番重要なのは、はっきり言ってタックルです。私が特に重要視するのがライン、ノット、ドラグです。なぜならGTがヒットしてもラインブレイクしてしまっては絶対にキャッチすることが出来ないからです。その次に重要なのはロッドとリール、そして最後にルアーと言う順番です。ルアーの種類などはサイズが合っていれば好みでいいと思います。このルアーを使えば釣れるといった魔法のルアーは存在しません。

タックルを選ぶ際には必ず理由があり、タックルのバランスが重要です。自分にあったタックルをバランスよく揃えるところからGTフィッシングが始まります。

GTフィッシングに使いやすいロッド

GTフィッシングお勧めロッド

ロッドは8〜8.8フィートがお勧めです。7.6フィートのショートロッドでもOKですが、使いやすさ、飛距離などを考慮すると8〜8.6フィートがお勧めです。飛距離重視の方は8.8フィートのロングキャストロッドもいいと思います。ちなみに私は飛距離を重視するタイプなのでオシアプラッガーフルスロットルS88Hを愛用しています。強度はルアーウエイトは150gのルアーが投げれるものをお勧めします。ルアーウエイト120gのタイプのロッドでも、問題ありませんが使えるルアーの種類が限れてしまうので、できれば150gが投げれるタイプがいいと思います。また、初心者の方でパワー重視でショートロッドの200g以上投げれるロッドを選ぶ方がいますが、飛距離を出すのにかなり苦労をします。ある程度経験を積んでからでいいと思います。

それと、石垣島へ来る際LCC航空ピーチなどを使う方は2ピースのGTロッドは飛行機に乗せれませんので、ご注意ください。LCCで遠征を考えてる方は3ピースロッドの購入をお勧めします。今の3ピースロッドは飛距離、強度、操作性など2ピースと変わりません。

GTフィッシングのリール

GTフィッシングお勧めリール

PE6号が200m以上まけるタイプのリールを選択してください。GTを釣る場所は水深が浅いため、マグロのようにラインキャパはそれほど必要ではありません。200mのラインキャパで糸が足りなくなることはまずありません。お勧めはシマノかダイワの16000番ですが、シマノのステラやツインパワーの8000HGや10000HG、ソルティが8000H 10000Hでも6号200m以上のラインキャパがあるのでGTフィッシングで使うことは可能です。もしこ8000、10000番のリールを持っている方で、新しくリールを購入する予定のない方はこのタイプでも6号を巻いてくれば使えます。

ギヤ比

ハイギアーがお勧めです。GTはヒットした際、下に潜るのではく、船に向かって走ることがよくあります。その際を糸を早く巻き取らないとテンションが緩んでフックアウトしてしまう場合があります。

そう言った理由から、やはりハイギアーが有利です。ルアーアクションをする際もリールを巻く回数が減るので操作は楽です。ローギアー(PG)ではGTが釣れないかというと、そんなことはありません。使いやすいか使いにくいかの問題なのです。これからGTのタックルを買う場合はハイギアーがお勧めですが、ローギアーしか持ってない方はローギアーでも使えます。

ドラグ

最大ドラグが20kぐらいあると大丈夫です。実際に20kのドラグを設定することはありませんが、リールの強度的にこのくらい余裕があった方がいいと思います。

お勧めのリール

メーカーはシマノかダイワでいいと思います。どちらがいいかは好みで決めて大丈です。どちらも素晴らしリールです。

先程8000や10000番でも使えると書きましたが、本格的にGTを始める場合はやはり14000か18000番をお勧めします。14000か18000を選ぶ際迷う方がいると思いますが、GTフィッシングにはまずは14000を勧めします。理由はPE6号300m、8号200mのラインキャパがありどちらにも対応でき、軽いからです。特にキャステイングが不慣れな方や飛距離に自信がない方はまずは14000にPE6号のセットをお勧めします。

18000は14000に比べると少し重たくなりますが、PE8号300mのラインキャパがあるのでPE8号を基準に釣りをする方には18000もいいと思います。14000にPE8号200mより18000にPE8号300mの方が意外な外道がかかった際も少し余裕があります。キャスティングに自信がある方は18000にPE8号300mもいいと思います。

また、パヤオのキハダも同じタックルでやりたい場合は300mのランキャパが必要になってきます。沖縄に釣行する際、どちらもやってみたい方は300mの巻けるようにセットしてくるといと思います。

次にステラかツインパワー、ソルティガかセルテイトで迷う方がいると思います。どちらでも問題はありません。ツインパワーよりステラが釣れるということはありません。無理してステラ1セットだけ買うようり、ツインパワー2セットの方が実践的だと思います。GTフィッシングをする時は2セット必要と思って購入を検討してください。1セットだけだとトラブルがあった際に釣りができなくなります。もちろん余裕がある方はソルティガやステラを2セット買えばいいと思います。

GTフィッシングにお勧めのリール

シマノ

ステラ14000XG  18000HG  ツインパワー14000XG

ダイワ

ソルティガ 14000XH  18000XH セルテイト14000XH 18000H


シマノステラ14000

ソルティガ14000

 

 

 

ライン

 GTフィッシングのPEライン

PE6〜8号が基準になってきます。ここで重要なのが新しいものを使うことです。古いラインを使っているようでは50kを超えるGTがかかった場合きれてしまいます。

リーダーはナイロンを使います。6号の場合は150ポンド 8号の場合は180ポンドが基準になってきます。6号に180ポンド、8号に150ポンドにリードをつけても問題ありませんが、強度のバランスを考えると6号150ポンド、8号180ポンドがいいと思います。リーダーを細くすればヒット率が上がると言うことはないので必要以上に細くする必要ないと思います。また200ポンド以上のリーダーはガイドの抜けが悪くライントラブルや飛距離に影響が出ますのであまりお勧めできません。

ギンバル

マグロなどと違いGTのファイト時間は10分〜15分程度と短めです。大型のギンバルや大袈裟なサポートベルトは必要ありません。軽くてロッドが簡単にセットしやすく、ずれにくい形状の物がお勧めです。あとは好みでいいと思います。ちなみに私はMCワークTTベルトを愛用しています。

お勧め

カーペンター ファイティング ベルト ギンバル

 

MCワークTTベルト

MCワークスギンバル

シマノファイティングギンバル

シマノファイティングベルト

CB ONEファイティングベルト

 

CB ONE ファイティングベルト

グローブ

GTフィッシングをする際は必ず必要になります。素手で投げると指が痛くなります。

各社からキャスティング専用のグローブが出ているのでご自分の好みの物を選んでください。

私はフィッシャーマンのグローブを使っています。

フィッシャーマンファイティンググローブ

シューズ

沖縄の夏は街を歩くときはほとんどの方がビーチサンダルです。そのまま釣りをする時もビーチサンダルで来る方もいますが、本格的にGTやキャスティングをする場合はデッキシューズをお勧めします。踏ん張りがきくとキャスティング時の安定感が増し飛距離にも影響します。また揺れた船では疲れ方も変わってきます。転倒防止にもなります

GTフィッシングにお勧めシューズ